2015年5月10日日曜日

s(o)un(d)beams

salyuの『s(o)un(d)beams』


当時聴いで、訳わがんねがった。
もろに左右さ音振りまぐって、打込みも激しい。
それまでの作風がらいぎなり変わり過ぎでったし、疲れるすけ、一回聴いだだげで基本聴ぐ気しねがった。

そのタイミングで、たまたまプロデューサーの小林さんさ会って話っこする機会あって、

何あれ、すげぇ音ぐわんぐわんで訳わがんねんだけど!
まぁ、海外の人が編曲してらし、しょうがねぇがな?

みてぇな言ったっきゃ、

『うん、俺も正直あんまよくわかんないんだよね。また新しいの創るからよろしくね。』
的な事言ってったがなぁ。

小林さんどしては、狙い通りの客の反応でったがも知んねぇ。
その後も、同じ路線ば続げでらし。

可愛い子には旅をさせろ。って奴がな?
リスナーも巻き込まれでらけどw


う〜ん、久々に聴いだっきゃ、結構面白がった。
音もしっかりしてら。
こったに攻め込んだ作品、最近滅多にねぇがも。
すげぇ冒険。

だけど、やっぱし普段聴ぐのは無理がなw

salyuはデビューした頃がら聴いでらけど、声にしても、歌い方にしても別格に凄味ある。
LIVE行って観てぇな。

新作ツアーやるみてぇだ。
PVも面白ぇ。



この変な子好ぎ。
成長してら。
素晴らしい。

Liveは生ぎでら内にしか演れねぇすけ、生ぎでら内にLive観に行って体感した方がいい。
CDの限界ば越えだ世界がある。
物理的にもLiveでしか出せねぇモノがある。
CDはCDで色々自由に作り込めで面白ぇけど、やっぱLiveなのだ。
生ぎ様なのだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
コメントを投稿