2015年6月9日火曜日

高校の算数の先生

高校の算数の先生は強烈でった。

「これから教える数学と呼ばれる授業ば数学ではない。算数だ。この程度で数学だと思うな。数学は大学で学ぶのが数学だ。勘違いするなよ。」

「人生の時間は限られている、だから思考も行動も倍速にしろ。そうすれば他人の倍生きれる。だから私は倍速で歩くし、授業も倍速だ。」

「他人を信用するな。信じられるのは自分だけだ。」

「数学を学ぶ意味はなんだと思う?世の中を理論的に数式に現す事で、真実を理解する為だ。」

「惚れた女は力づくでも、奪ってでも自分のモノにしろ。その人は世界中で一人しかいないんだ。後悔しても何も手に入らない。私は妻を他の男から奪った。とても幸せだ。」



ノート書いでったら取り残されるぐれぇ超高速で授業進めながら、ちょいちょいぶっ込んでくる。
まぁ、そんだがもなぁ〜ぐれぇに受げ止めでったけど、割に外してねぇな。
まじで、びっくりなぐれぇ皆イイカゲンで好ぎ勝手。
おらも皆みてぇに好ぎに生ぎよ。

廊下も競歩みてぇに歩ぐ面白ぇ先生でったなぁ。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへこのエントリーをはてなブックマークに追加
コメントを投稿