2012年6月25日月曜日

精神病



精神薬の薬害を考える会

精神医療過誤、向精神薬害問題の基本

精神薬害の辛さを訴える


基本的に医療は症状ば抑える行為で、根本的な問題は解決しねぇんでねぇが?
問題先送りして、症状が進み過ぎでどうもなんねぐなったら薬なり治療なりするしかねぇんだけど、本来はそのまえに解決するべぎだ。
食い物、環境・・・原因は色々だけど、基本的に普通に生ぎるって事は悪ぃのば容認して生ぎる。
普通に生ぎるってだげで、充分、本来の人間らしい環境さ居ねぇすけ、当然、体が変になって来る。
孫さも遺伝する。

精神病って定義が、そもそも何なのが?
精神病って基本は先天性脳障害のはずなのさ、悩んだ人、症状が出だ人さ簡単に薬出すのは本来の医療だどしても変。

即死よりは薬飲んで、問題先送りにして頑張って。
錯覚の世界でねぇが?
薬で本当の問題が解決すんのが?

これは精神病の話だげでねぇ。

社会全体の問題ば、小手先で、薬だの変なので解決しようって考えが短絡的。
対症療法で本当にいいのが?って事。
子供は?孫は?どうやってつなぐのよ?
本当に解決するには、皆が知って、考えるしかねぇ。
現状は解決すんのは難しいけど、このままだば酷過ぎる。


そもそも、ウィルス由来でもねぇのさ、病気って表現でいいのが?
先天的な特性に対して、病気って変でねぇが?
誰でも精神病さなるって勘違いするんでねぇが?



さて、おらも精神病さなりに精神科さ行ぐがなぁ♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
コメントを投稿